合鍵は専門店にお任せ下さい

◆専門店と非専門店の違い

・ブランクキーの種類が多い(作れる鍵の種類が多い)
・高精度のキーマシーンを使っているので誤差が少ない
・合鍵が原因の万が一のトラブル対応力に強い

 合鍵とは、鍵山の削られていないブランクキーを元に鍵のコピーを作る事です。実際には機械を使って作業をするのですが…。まず、お持ちの鍵の種類のブランクキーが「あるか」「ないか」という事が重要になります。実は、鍵の種類は想像以上に多く、数千にも及びます。ホームセンターやショッピングモールのキーコーナー等の非専門店の多くは、代表的なブランクキーしか無く、やはり専門店に比べるとバリエーションに劣ります。
 次に、削る機械(キーマシーン)の精度や種類も違い、「簡易型」か「高精度型」か等もあります。合鍵は結局はコピー。どんなに高精度な機械を使おうともコピーする度に元鍵よりは精度が落ちます。又、例えば、利用により削れてしまっている元鍵からコピーすれば、やはり削れてしまった鍵しか作る事は出来ず、当然、元鍵より精度の高い鍵を作る事は出来ません。だからこそ、やはり「高精度型」の機械を使う専門店で作る方がより正確な合鍵が作れるのは言うまでもありません。
 最後に、これは先に行った「合鍵はどうしても元鍵よりは、精度が落ちる」事が原因でもあるのですが…。鍵を利用する限り、稀に発生する「鍵が抜けなくなる」「鍵が折れ込む」といったトラブルは無くはありません。非専門店の多くは、出張工事をしてないケースも多く、万が一の対応に不安があるのでは?

特殊キー、イモビライザーキーもお任せ下さい

◆イモビライザーキーとは

 イモビライザーとは、エンジンに埋め込まれている送信機(トランスポンダー)のIDコードと、車両本体内の電子制御装置にあらかじめ登録されたIDコードとが一致しなければ、電気的に、エンジンが始動しないという仕組みになっている車のセキュリティです。外車や日本車のオプションとして現在普及しています。
 このイモビライザーキーは、旧来の合鍵では、例え扉は開いてもエンジンはかからない鍵しか出来ません。エンジンもかかる合鍵を作るには、IDコード付きの合鍵を作製しなければならないのです。

イモビライザーキーも当社にお任せ下さい!